お客様から感謝されるパートナーでありたい。

経営計画発表会

わが社の経営計画発表会において、毎年決算月に来期のためにトップから経営理念と経営基本方針等、各部署から行動および数値目標が発表されます。
私達は会計という分野で日々お客様の要望にお応えするべく、ひとり一人が自分で考えて行動することを実践して取り組んでいます。そのために経営理念と基本方針があり、ひとり一人が自立した会計の専門家になるべく協力して成長すること、また、各部署は中長期の未来を見据え、来期に向けて何をすべきか考えて発表し、毎月報告チェックを受け、改善して取り組むPDCAを実践する仕組みがあります。
『崇高な理念、素晴らしい数値目標も「実行」が伴わなければ「絵に描いた餅」となります。我々はプロの集団です。努力・経過を称賛されることはなくお客様の求めるものは「結果」です。』これは数年前の経営計画会にオブザーバーで出席していただいた小森先生の講評です。この言葉の重みを日々感じ、お客様と向き合っていきたいと思っています。
経営計画書は各人に1冊手渡され、1年間の指針となる大切な計画書になります。お客様にも事業計画をお伝えしている立場上、自分たちの経営計画が絵に描いた餅にならないよう、協力して実行に移していきたいです。

お客様へのメッセージ

私達の会社の企業理念には、「企業発展のパートナーになること」「お客様の要求に誠心誠意お役に立つこと」が掲げられています。また経営基本方針に「お客様第一主義」の方針があります。このことをお客様にも知っていただき、お客様からの評価を真摯に受け止められるよう取り組んでいきたいと思っております。
お客様が商売で元気になっていただけるよう、地域の将来を見据え、私自身何ができるかを考えて元気に頑張っていきたいと思っております。まだまだ未熟な点ばかりですが、努力してまいりますので、ご指導の程よろしくお願い致します。