お客様から感謝されるパートナーでありたい。

入社理由

私は学生時代に活用した会計実習制度での就業体験がきっかとなって、会計事務所への就職を志しました。
会計実習制度とは、会計事務所への就職を希望する学生が、実際に1週間程度、会計事務所へ赴き、就業体験をさせていただく制度です。実習期間中は、事務所スタッフの方に同行し、月次巡回監査のお手伝いをさせていただきましたが、その中で、ある関与先企業の社長様と担当スタッフの方のやり取りが私の心を強く動かしました。
それは、関与先企業の社長様が金融機関から融資を受けるに際に、担当スタッフの方に大変お世話になり、助かったというお話をされ、最後には「○○さん(スタッフの名前)は、ウチの一番の理解者!銀行より頼りになるよ!」と声をかけられていました。
当時の私は、中小企業と1番結びつきが強いのは地元金融機関であると思い込んでので、そのやりとりは衝撃的であると同時に、その仕事ぶりについてお客様から感謝されている事務所スタッフの方に対して、強い憧れを抱いたことを鮮明に覚えています。
実際に私が就職活動をする中で、本田会計事務所(現・アシステム税理士法人)の企業理念や所長の「関与先企業様を守り、元気にする」という強い思いに触れ、私もこの事務所の一員として関与先企業の社長様の良き相談相手となり、お客様の成長のお手伝いをしたいという思いから、当社への入社を志望しました。

チャレンジ

アシステム税理士法人では、近年注目を浴びている『創業・起業』というテーマについて、私たちにできることは何かと考えたところ、これまで培ってきた当社のノウハウや他団体とのネットワークを活かした地域密着型のセミナーを開催し、そのセミナーを通して創業を目指す方の夢のはじまりを応援したいという思いから『夢を叶える☆にいかわ創業スクール』を開校しました。
現在、私はその「にいかわ創業スクール」の運営管理責任者として、研修カリキュラムやスケジュール等の計画作成、広報活動等を担当しています。
将来は、この「にいかわ創業スクール」の卒業生の多くが創業し、新たな事業と雇用を創出することで富山県を盛り上げていっていただけることを期待するとともに、この「創業スクール」が新川地区のみならず、富山県にとってなくてはならないものとなるように今後も頑張っていきたいと思います。